総量規制の対象になっていないカードローンを利用するメリット

ピンクの服の女性

総量規制というのは貸金業者は借り手の年収の3分の1までしかお金をかせないというルールです。ですから、キャッシングの申し込みがあるとその人の信用情報を信用情報機関に問合わせて、他社からの借入残高の総額を確認します。もし、借入残高が年収の3分の1に達していれば新たな融資はしてはいけないことになっています。それで、お金が必要なのにどの消費者金融からもお金を借りられなくなったという方もいます。

 

ところで、この総量規制は消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用されるので、貸金業者でないところからの借り入れなら年収の3分の1を超えても借り入れることができます。総量規制対象外の金融機関は銀行や信用金庫、JAバンクなどたくさんあります。

 

総量規制の対象になっていないカードローンを利用するメリットは、年収の3分の1以上を借りられるということのほかに、提出書類が少なくて済むということです。総量規制の対象になっているカードローンは、借入額が50万円を超えると収入証明書が必要になりますが、総量規制対象外のカードローンは限度額が200万円または300万円を超えなければ収入証明書を提出する必要がありません。専業主婦が契約する場合でも本人確認書類を提出すれば良いだけです。ちなみに総量規制対象のカードローンだと配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる書類が必要なので、ちょっと面倒です。

 

総量規制の対象になっていないカードローンはメリットがたくさんありますね。審査に不安がなければ銀行や信用金庫等のカードローンが金利も低いので利息の負担を軽減することもできますよ。